通販といっても各種の品種の蟹があります。

通販といっても各種の品種の蟹があります。

通販といっても各種の品種の蟹があります。

通販といっても各種の品種の蟹があります。そんな中で、私が自信を持ってみんなに御勧めする品種は、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。また、慣れていない人がタラバガニを茹でるのは無用な失敗のもとですので、あらかじめ茹でてあるタラバガニを選ぶほうがいいのです。美味であることで有名な上海ガニはそのまま蒸すほか、小籠包に入れても存在感のある味なので、世界中に知られた高級食材です。上海を中心とした中国近辺の結構、生息地域は広いようです。

生息地域が広いのも当然で、雑食なので在来生物の脅威となることもしばしばです。養殖などでもち込まれ、拡散することを防ぐため上海ガニの生体や卵が取引されないよう公に行えない国もあります。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、適当に解凍すると、かにのおいしさは損なわれるので焦らずゆっくり解凍しましょう。かにのおいしさを損なわないために心得ておくべきなのは、冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、しっかり覚えておいて頂戴。近海でかにが獲れる時期になればかにの味を思い出すことでしょう。寒くなってから、熱燗でかに鍋を食べると誰でも笑顔になれます。

そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを近所のおみせで買って済ませるのでなく、市場でいろいろ見てから買った方が鍋はさらにおいしくなるはずです。

ちょっと時間はかかりますが、訳あり通販で買うのもおいしい鍋への近道です。

タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。

選べるなら、オスの方がおいしいのです。雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べるときにぜひ味わいたいおいしい脚肉を食べたければどう考えても雄の方がおいしいのです。これも訳ありお取り寄せでは難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意して頂戴。突起が全部で6つあれば、間ちがいなくタラバガニです。突起が4つの場合、それはアブラガニというタラバガニと信じて買わないで頂戴。蟹は人気のグルメですが、味はピンキリですよね。

美味しいタラバガニが食べたいなら、ネットを通じて蟹を取り寄せることができる、蟹通販が御勧めですよ。

生鮮食品をお取り寄せで買うというと不安な方もいるかも知れませんが、蟹訳ありお取り寄せでは、北海道(広くて食べ物が美味しいイメージがありますね)、山陰地方、福井県など、蟹の美味しい地域から産地直送で、新鮮なうちに自宅に届けてもらう事ができるのです。

産地直送の美味しい蟹をお取り寄せできるのが、私がみんなに蟹通販をお勧めする理由なのです。

また、傷物などの蟹をりゆうあり品として安く売っていることもあるので、かなりお得にタラバガニを味わえます。

上手に利用したいですね。

蟹通販で蟹を買うのはいいものです。しかし、美味しく味わうには、調理の仕方もおろそかにはできません。

さまざまな食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、正しいタラバガニの茹で方が分かっているかどうかが重要だといえます。

では、そのコツとは何か。

それは、単純なようで大切なことですが、大きな鍋を使うことなのです。脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。

そうしたら、全体がきれいに茹で上がります。

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。お知り合いや家族に、蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。

でも、気をつけて頂戴。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。時間が経つと美味しさも損なわれてしまいますし、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。そのような危険を冒さないためには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

ある場所では、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、普通よく行なわれる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

今年も訳ありタラバガニの3kgをお取り寄せで決まり反対に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、大方は、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽し向ことが多いです。

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。ズワイガニや毛蟹にくらべれば脚を味わいたい方には向いていないのですが、対照的に、かに味噌がおいしくて味噌好きをうならせています。流通量は多く、庶民的な価格なのでかに味噌をたっぷり味わいたいなら期待に応えてくれます。脚が細いので小さくまとまり、アイディア次第で、調理法は実に多様です。


ページの先頭へ